地デジ以外にも?アンテナの種類

中華鍋のような形をした衛星放送受信用のアンテナ

テレビを受信するためのアンテナにはいろいろな種類があります。よく知られているのが、家の屋根などに設置されている魚の骨みたいな形のアンテナでしょう。これは地上デジタル放送の電波を受信するためのものです。では、そのほかにどのようなものがあるのでしょうか。
バルコニーの手すりなどによく設置されている、丸いアンテナがありますが、これはBS、もしくはCS放送を受信するためのものです。BS、CS放送の電波は人工衛星から送られてくるため、遠いところからくる電波を拾いやすくするという目的で、幅の広い中華鍋のような形をしているのです。
BSのアンテナもCSのアンテナも形はほぼ同じですが、CSの方が電波が弱いため、基本的にCS専用アンテナの方が大きくなっています。

見映え重視の人の間で利用が増えているデザインアンテナ

最近、少しずつ増えているのがデザインアンテナと呼ばれるものです。形はいろいろありますが、平べったい長方形のものが比較的多いといえます。
デザインアンテナは地上デジタル放送を受信するためのアンテナなのですが、なぜ従来のアンテナの代わりに設置が増えているのかというと、見映えがいいからです。
魚の骨に似た従来のアンテナは、一目でアンテナとわかる、つまりどのようなデザインの家に設置しても異質な外見で目立ってしまうので、それを避けたい人に、外壁などに取りつけられて異質感の少ないデザインアンテナが選ばれているのです。
ただ、基本的にデザインアンテナは従来のアンテナと比べると感度が高くありません。そのため、地域によっては取りつけられない場合もあります。