相場はいくら?アンテナ設置工事

アンテナには種類がある

アンテナを設置するには、専門の業者に頼む必要がありますが、費用はいくらかかるのか、心配な方もいると思います。
アンテナ設置工事に必要な費用にはいくつかありますが、まずは何よりアンテナ本体の費用です。

アンテナにはいくつか種類がありますが、屋外用の一般的なアンテナに、八木アンテナというものがあります。魚の骨のような形状で、見たことがある方も多いと思います。
安いもので二千円からの商品もあります。

デザインアンテナという、一見アンテナには見えないような、おしゃれなアンテナもあります。
八木アンテナよりは値段が張りますが、景観を損ねず、雨風にも強く、カラスなどの鳥の糞で汚れることもないので、デザイアンテナを選択する人も多いようです。
ただし、電波の状況によってはデザインアンテナでは対応できない場合があるので注意が必要です。

アンテナ以外にかかる費用は?

もちろんアンテナ本体だけでなく、周辺機器も必要になります。
主な機器は、分配器やブースターといった装置、さらにそれらを繋げるケーブルです。

分配器は、ひとつのアンテナで受信した電波を、複数のテレビに分配する装置です。複数台のテレビを見るならば、分配器が必要になります。
ただし、電波は分配されると減衰してしまうので、映りが悪くなってしまうことがあります。
そういった時には、ブースターが必要になります。

ブースターはアンテナが受信した信号を増幅させる装置です。電波や配線の状況で、テレビがうまく映らない場合などに電波を増幅することで映像の質を確保します。

アンテナ本体に加え、こういった分配器やブースターといった諸装置を含め、設置工事までを全て合わせた場合、相場はおよそ5万程度になります。
見積りは無料で出してくれる業者も多いので、何にいくらかかるのか、精査するといいでしょう。