もう迷わない!地デジアンテナの選定方法

屋外の屋根に取り付けるタイプ

テレビ放送は、娯楽のためにも必要ですし、いろいろな情報を収集するにも役立ちます。以前は地上波はアナログ放送でしたが、現在はデジタル放送に完全移行しています。完全移行時は、いろいろな変更が必要になり困った人も多かったでしょう。地デジアンテナで一般的なのは、屋根に取り付けるタイプです。アナログ放送の受信のときにも屋根に取り付けていました。アナログ放送の時はVHF用とUHF用がありましたが、デジタル放送ではそのうちのUHF用を使います。ですから、既にアナログ放送で使っていたものをそのまま使える家庭もあります。ただ、UHFが受信できるからすべて使えるわけではありません。屋根に取付ければ電波を遮るものも少ないので、安定した受信での視聴ができます。

屋内でも使えるタイプが人気

アナログの地上波放送の場合、屋外のアンテナと屋内のアンテナではかなり映り方が異なりました。屋外はきれいに映るが、屋内タイプはかなりノイズが入ります。電波の強弱がそのままノイズのあるなしに影響していました。デジタル放送も電波の強弱は影響します。ただ、受信ができるならそれなりにきれいな映像が見られます。地デジアンテナを選ぶときに、屋内タイプも選択肢として入れておくと良いでしょう。屋内タイプには、完全に屋内でしか使えないものと、屋内でも屋外でも使えるものがあります。共用タイプはそれなりに受信をする力が大きくなるので、屋内専用タイプよりもきれいに映ります。周りに高い建物などが無ければ、屋内タイプでも十分視聴できます。