デザインで差を付けよう!アンテナの選び方

アンテナの種類と特徴

地上波のテレビ放送はマンションの場合なら共同のアンテナが設置されていますが、一軒家の場合は受信するための地デジアンテナが必要です。
地デジアンテナには、八木アンテナと平面アンテナがあります。八木アンテナは、魚の骨に似た形の形状で家の屋根に設置されるタイプです。平面アンテナは、家の側面の外壁に取り付けられるタイプのアンテナです。
それぞれの長所があり、八木アンテナは受信感度が強いアンテナです。くわえて、価格が安いのも八木アンテナの特徴です。しかし、屋根に設置することになるので、風や雪の影響をうけます。
平面アンテナはデザイン性に優れ、設置しても家の外観を壊しません。壁面に設置するので、メンテナンスに手間がかからないのも良いところです。しかし八木アンテナに比べると受信感度が弱く、価格は高くなります。

地デジアンテナの選び方

それぞれのアンテナの長所から考えると、受信感度の悪いところに家がある場合は、八木アンテナの設置が良いと考えられます。また、アンテナ設置の費用をおさえたい方にも八木アンテナがおすすめです。
対して平面アンテナは、家の外観をこだわりたい方に向いたアンテナと言えるでしょう。アンテナのカラーも豊富で家の外壁になじむような、アンテナの選択が可能です。他にも平面アンテナには屋根裏や室内に設置できるタイプもあります。これ以外のケースでは、屋根に太陽光発電を設置している場合にも、パネルの邪魔にならないのでおすすめです。
このように八木アンテナと平面アンテナにはそれぞれ長所があるので、地デジアンテナを選ぶときは家のある環境と自身の好みを加味して選択していくといいでしょう。